瀬戸市が事務局として運営する公的な支援機関

産業支援センターせと
メールマガジン登録

新着情報

仕事と介護の両立について

「若年性認知症」「ダブルケア」は誰でも当事者になる可能性があります。

経験を積んだ熟練従業員や管理職など企業の中核となる人材が、仕事と介護の両立に悩み離職してしまうことは、企業にとって大きな損失です。

離職する従業員や心身ともにストレスを抱える従業員が増える前に、仕事と介護の両立支援の取組をはじめることが必要です。

 

瀬戸市では、「いざ」という時のために知っておきたい介護・子育てと制度についてまとめましたのでぜひご一読ください。

(詳細リンク先ホームページから「長く、幸せに働き続けるために」パンフレットをご参照ください。)

内容等

「若年性認知症」「ダブルケア」とは?

認知症は、一般的には高齢者に多い病気ですが、若い世代で発症する可能性もあります。

65歳未満で発症した認知症を「若年性認知症」といい、特に40代から60代の働き盛り・子育て世代に多いといわれています。

また、晩婚化・晩産化の影響で子育てと親などの介護が重なることも。子育てと介護が同時期に重なる「ダブルケア」は、精的・金銭的にも負担が大きく、新たな社会的リスクとして注目されています。

詳細(外部URL)http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2020031300045/

ページトップ