瀬戸市が事務局として運営する公的な支援機関

産業支援センターせと
メールマガジン登録

相談事例

技術相談

焼結石英ガラスを用いたオーディオ関連部品の製品開発

ヤマキ電器株式会社

明治30年創業のセラミックスメーカーです。独自技術から生まれる高品質の高圧配電用機器碍子、応用範囲の拡大が見られる遠赤外線放射セラミックスヒーター、茶道用ヒーター電気炭、食品用磁器容器、及びファインセラミックス製品は各分野で活躍しております。

産業支援センターせとではセラミックス材料技術、焼成技術に知見を持つコーディネーターが技術相談に応じております。
ヤマキ電器㈱は今まで蓄積してきた瀬戸焼の生産に係わる焼成技術を活かし、粉体プレス工法による焼結石英ガラスの量産技術を世界で初めて確立しました。その事業展開の一つとして、焼結石英ガラスがオーディオ機器の音質を向上させることに注目し、商品開発を推進し始めました。

産業支援センターせとでは、その特性からオーディオ市場への販路開拓・拡大が大いに期待できると考え、中小企業基盤整備機構(中小機構)の支援を受けるよう橋渡しを行い、地域産業資源活用事業計画に認定採択されました。これにより、販路開拓・拡大のための展示会出展などにおいて、ふるさと名物応援事業補助金などを活用することができるようになりました。

このように産業支援センターせとでは各社にあわせた補助金などを紹介しておりますので、ご相談ください。

 

 

(オーディオ用インシュレーター)

 

ヤマキ電器株式会社ホームページ

http://www.ymkco.co.jp/

担当コーディネーター

今井 修

技術支援

今井 修

セラミックスの材料技術・生産技術に関する知識を活かし、中小企業・小規模事業者様の技術問題の解決及び新技術の開発等を支援します。

相談日隔週火曜日
得意分野セラミックスの材料技術、生産技術、ナノテク技術
経歴等大手セラミックメーカー、JFCC(一般財団法人ファインセラミックスセンター)出身

ページトップ

メールマガジン登録
×