瀬戸市が事務局として運営する公的な支援機関

産業支援センターせと
メールマガジン登録

相談事例

補助金活用

新工場の建設及び新規トライプレス機の導入

笹原金型株式会社

笹原金型㈱は創業以来50年以上にわたり、自動車ボディー部品を量産するのに不可欠なプレス金型の設計や製作を行っています。また、業界に先駆けて、長年の経験に基づいた金型設計のノウハウ、いわゆる「職人技」のデータ化に成功し、高品質かつ短納期の金型づくりを実現することで着実に成長してきました。
近年では、車体軽量化や衝撃安全性向上を目的に導入される新たな素材形やプレス加工法にも積極的に対応し、顧客から高く評価されています。

笹原金型㈱では、金属材料として強くて軽いハイテン材料向け金型等の需要の増加に対応するため、製造の外部委託や、海外拠点において応援対応をするなど、国内の高負荷を軽減していましたが、一部の仕事において、受注を断念せざるを得ない事例が発生していました。
これらの受注増へ対応するための生産体制の構築が不可欠と考えていたところ、第二工場に隣接する土地の造成ができる見通しが立ったことから、生産能力の増強を図るため、新工場(第三工場)を建設する計画に至りました。
また、それまでは既設の1000tトライプレス機を使用していましたが、超ハイテン材(高抗張力鋼)への対応と、トライ効率を大幅に改善するべく、新工場内に新たに2000tトライプレスを導入することも併せて計画致しました。
産業支援センターせとは、この事業拡張の相談を受け、同社が瀬戸市で長年にわたり地域を支える企業であることから、瀬戸市及び愛知県の関連部門と連携をとり、瀬戸市企業再投資促進補助金及び新あいち創造産業立地補助金(Aタイプ)を紹介し、補助事業に認定されました。
これらにより新工場の建設及び2000tプレス機の導入が実現しました。作業スペースの拡張・プレス能力の倍増により、今以上の難部品金型の対応も可能となり、更なる発展への展望が開ける見通しとなりました。

 

このように産業支援センターせとでは事業拡張に関するご相談への対応や補助金の紹介等を行っていますので、ぜひご相談ください。

 

2000tトライプレス機(2019年12月導入)

 

第3工場外観

 

笹原金型株式会社ホームページ

http://sasahara-kk.com/

担当コーディネーター

今井 修

技術支援

今井 修

セラミックスの材料技術・生産技術に関する知識を活かし、中小企業・小規模事業者様の技術問題の解決及び新技術の開発等を支援します。

相談日隔週火曜日
得意分野セラミックスの材料技術、生産技術、ナノテク技術
経歴等大手セラミックメーカー、JFCC(一般財団法人ファインセラミックスセンター)出身

ページトップ

メールマガジン登録
×