瀬戸市が事務局として運営する公的な支援機関

産業支援センターせと
メールマガジン登録

せとの元気企業

朝日インテック株式会社

朝日インテック株式会社

医療用デバイスと産業用極細ステンレスワイヤーロープの研究開発型メーカー

住所【本社】
〒463-0024
名古屋市守山区脇田町1703番地
TEL:052-768-1211
FAX:052-768-1221
【瀬戸工場】
〒489-0071
瀬戸市暁町3番地100
TEL:0561-48-5551
FAX:0561-48-5552
URLhttp://www.asahi-intecc.co.jp/
特殊加工によりワイヤーに高度な操作性を実現。
心臓治療用PTCAガイドワイヤー国内トップシェア。
世界85ケ国へグローバルに展開。

主な製品・サービスの内容

医療機器の開発・製造・販売。
極細ステンレスワイヤーロープ及び端末加工品等の
開発・製造・販売。
極細線技術を基本とした各種産業用ワイヤーロープ及び心臓冠動脈治療・検査用のカテーテル・ガイドワイヤーなどの医療用具の製造・販売。
国内をはじめ、米国・EU・アジアなど世界85ケ国へグローバルに製品を供給しています。

4つのコア・テクノロジーと自社一貫生産体制

・伸線技術(ステンレス線を細くする技術)
・ワイヤーフォーミング技術(素線を撚り合わせてロープにする技術)
・トルク技術(ステンレス線に高度な回転追従性を付加する技術)
・コーティング技術(ステンレス線の表面をコーティングする技術)
の4つの「コア・テクノロジー」による高度な素材加工技術を保有。
原材料から製品までの自社一貫生産体制を構築しています。

PTCAガイドワイヤー【写真上】

先端部がX線造影にはっきり映るプラチナで構成された国産初のガイドワイヤー。血管内部を傷つけにくいしなやかな追従性と操作性に優れています。

PTCAガイディングカテーテル【写真中】

大腿動脈や橈骨動脈などから冠動脈入口まで治療器具を導くためのカテーテル。治療器具をカテーテル内でスムーズに進めるために、内面にフッ素樹脂スリーブを使用しています。

PTCAバルーンカテーテル【写真下】

カテーテル先端にバルーン(直径1~5ミリ程度の風船)を装備。コレステロールで狭くなった冠動脈をバルーンで拡張して血液の通路を再構築します。ミクロン技術を駆使し、開発された製品です。

その他の製品

■血管造影用ガイドワイヤー
血管造影カテーテルを目的の血管などに導くガイドワイヤー。血管内にスムーズに挿入できるよう、先端が柔軟なステンレス鋼製のスプリング構造になっています。
■血管造影用カテーテル
血管などに造影剤を流すための検査用カテーテル。内部に細かい編み目のステンレス鋼線が埋め込まれています。
■マイクロカテーテル
頭部や腹部などの末梢血管へ挿入。造影剤や薬剤等を注入し、検査・治療を行うために使用されるカテーテル。先端が柔軟であるため、目的血管への挿入が容易です。
■高周波スネア
内視鏡によるポリープ切除の処置具として用いられます。先端のループでポリープを捉え(緊縛)し、電流により切除します。外科手術に比べ、低侵襲で安全性が高いなどのメリットがあります。
■マイクロバスケット
マイクロカテーテル内をスムーズに通過することができる細血管用異物除去デバイス(バスケットタイプ)です。捕捉効果を考慮した4線バスケットタイプで、ガイドワイヤー並みの操作性を実現しました。マイクロコイルによる細血管閉塞時などのサポート・デバイスとして有効です。
■ケーブルチューブ
独自の加工技術により、トルク伝達性、耐キンク性を実現した中腔ワイヤーロープです。工業用製品だけでなく、メディカル製品にも応用されています。「ACTONE®」は、米国の医療機器メーカー向け業界誌「Medical Product Manufacturing News」が選定する「TOP100アイテム」に選ばれました。
■ケーブルラック
ステンレス鋼線ワイヤーロープを芯線にした樹脂コートロープに特殊技法によってインボリュート形状の歯を形成しています。一般的なラックオピニオン駆動のような使い方が可能です。
■シンクロメッシュロープ
噛み合い伝達機構でありながら、ワイヤーロープ同様に3次元方向への伝達もでき、自由度の高い部品配置が可能なロープです。コーティングロープの製造技術とワイヤーフォーミング技術を融合させて生産されたロープです。
■ハイテンションワイヤー/ロープ
独自の加工技術で飛躍的に強度アップを図り、素線径も最小φ0.013mmまでに仕上げた高抗張力ステンレスワイヤー/ロープです。
■トルクワイヤー/ロープ
独自の加工技術で従来製品では得ることのできなかった高精度のトルク伝達性を持たせた画期的なワイヤー/ロープです。押し引き操作と回転伝達を同時行うことが可能です。
■トルクコイル
独自の加工技術で細径ステンレスワイヤーを多条多層構造にしたコイルで、柔軟性と高精度のトルク伝達性を持たせた製品です。手元操作部の回転運動を先端部に正確に伝達することができます。
■素線(ワイヤー)
当社のワイヤー加工技術は、光輝固溶化熱処理技術・極細伸線加工技術・ダイス成形加工技術を中心にして、φ0.010mm~0.50mmの細径ステンレスワイヤーを生産しています。
■ワイヤーロープ(撚線)
ワイヤー製造技術によって生産された各種素線を使用目的に応じた素線構成に撚り合わせ、お客様が求めるステンレスワイヤーロープを生産します。また、低伸度、高耐久、高強度等の必要特性に応じた製品にも対応が可能です。
■端末加工品
お客様の要望に応じて、ロープに端子をカシメた端末加工品を生産しています。仕様、用途などご要望に応じて加工いたします。

主な受賞歴

愛知ブランド企業認定(2004)
元気なモノ作り中小企業300社(2007)
第11回企業家賞(2009)

その他

企業位置図(マップ)については上記URL「会社情報」→「会社概要」からご確認ください。

アクセス

朝日インテック株式会社 朝日インテック株式会社 朝日インテック株式会社

ページトップ