瀬戸市が事務局として運営する公的な支援機関

産業支援センターせと
メールマガジン登録

せとの元気企業

喜多窯 霞仙

喜多窯 霞仙

長年の伝統の技術と素材を受け継いできた瀬戸・赤津焼の老舗の窯元です。窯元での一日陶芸ロクロ体験や併設のギャラリーでのお買い物が人気です。

住所〒489-0822
瀬戸市赤津町71番地
TEL0561-82-3255
FAX0561-82-3255
URLhttp://www.kasen-web.com
Emailmail@kasen-web.com
伝統的工芸品に指定される瀬戸赤津焼の産地で受継がれた素材と技術をもとにした食器は使い込むほど味わいが増す本物です。作品は全てが手しごとで、普段使いの器からこだわりの飲食店の特注の器まで、細かいオーダーにも対応します。
また、最大40名までのロクロ体験も可能、英語対応も可能な窯元当主が伝統の技法を紹介するワークショップも好評で各種学校、趣味のグループの研修旅行にも対応しています。

喜多窯の由来について

尾張の国にそそりたつ猿投山麓に、平安の昔より千年の伝統を守りつづける陶家の聚楽があります。このあたりを古くは赤津村といい、日本六古窯の一つで、瀬戸・赤津焼の名で知られています。
陶土・絵具・うわ薬など豊かな資源に恵まれた工人達は、幾世紀にわたり陶法を温存し、赤津焼の声価を高めて参りました。
陶祖藤四郎、中興祖藤九郎、それらの衣鉢をついだ家祖彦九郎は明暦二年現所に喜多窯を打ち立て、以来連綿として精進をつづけています。
織部釉、黄瀬戸釉、志野釉、御深井釉、古瀬戸釉、灰釉、鉄釉など、独自の味わいをもつ焼物ですが、その持味を生かし、さらに新しい息吹を与えようと創意に燃えているのが喜多窯です。

伝統工芸品 赤津焼とは

日本六古窯の一つとして知られ、1000年以上の焼き物の歴史を持つ瀬戸、その東部の山間にある赤津地区は江戸時代、尾張徳川家の御用窯が置かれた地として知られ、茶陶を中心に地元の素材と伝統に技術を生かして焼き物作りが受け継がれて来ました。
中でも名古屋城のお庭焼きとして生まれた御深井(おふけ)をはじめとする、赤津焼伝統の七釉で彩られた作品は昭和52年に赤津焼の呼称で「伝統的工芸品」として指定をうけ、現在も多くの窯元がその技術を絶やすことなく時代に合った新しい焼き物作りに励んでいます。

窯元での陶芸体験

窯元の作業場での作陶体験は、プロの職人の指導で本格的な作品に仕上がります。先日はTV収録で「ぐっさん」こと山口智充さんも体験して絶賛!!

開講日時:午前10:00~午後 4:00
   (水曜定休/年末年始・夏期休業中を除く)
講師: 加藤裕重/喜多窯 霞仙 十二代当主
    他、霞仙スタッフ

※5名以上の団体での受講は、事前にお申し込み下さい。

学びと交流がキーワード

JICA(独立行政法人国際協力機構)で海外での陶芸指導経験のある当主は、英語での対応も可能です。留学生だけでなく、海外の陶芸家の一カ月滞在型プログラムもあります。お気軽にお問い合わせください。

各地で活躍するOBたち

「土練り三年 ロクロ十年」といわれる焼き物修行。当窯元から独立して個人作家として活躍するOBは全国に広がっています。

アクセス

喜多窯 霞仙 喜多窯 霞仙 喜多窯 霞仙

ページトップ