瀬戸市が事務局として運営する公的な支援機関

産業支援センターせと
メールマガジン登録

せとの元気企業

竜朴社 小林勇輝

竜朴社 小林勇輝

生きるチカラが湧いてくるような作品を発信している、書作家、現代美術家。

  • 竜朴社 小林勇輝
  • 竜朴社 小林勇輝
  • 竜朴社 小林勇輝

「詩」と「書」と「造形」が三位一体となった『象詩書』の創始者。G7伊勢志摩サミット配偶者プログラムで使われた平和祈願のカップ&ソーサーのデザインに作品が選ばれ、そのデザインも手がける。(CBC イッポウで報道)

小林勇輝 言葉の結晶展

瀬戸市では「詩」と「書」と「画」が三位一体となった作品の展覧会を東古瀬戸町の蛍の棲む小川をのぼっていったところ、馬ヶ城浄水場近辺にあるアトリエで年に数回開催しています。

 

書体制作

生命力に溢れ、あたたかみのある中にも品格を感じる「書」によって数々の題字も手がけてきました。お客さまのニーズに合わせて、企業名や商品ラベルなど、各書体で揮毫します。

 

企業ロゴ制作

「詩」、「書」、「画」、三位一体の象詩書は企業ロゴとしても人気で、企業理念が形になるという感動があります。

 

書美術研究会

古くて新しい書を学ぶ少人数制のスクールを開校しています(オンラインにも対応)。ひとりひとり丁寧に指導する教室では、みなさん作品の創作と古典の研究を自由に楽しんでいらっしゃいます。

 

作家略歴

6歳より書をはじめ、2005年、詩と書と造形が一体化した「象詩書」を創造し、作家活動を開始。これまでに国内外で40回以上の個展を開催。2016年、G7伊勢志摩サミット配偶者プログラムで使われた平和祈願のカップ&ソーサーのデザインに作品が選ばれ、そのデザインも手がける。(CBC イッポウで報道)
2017年、ニューヨークのアートフェア「SCOPE NEW YORK」内で個展を開き高評価を得る。2018年にはフランス・パリを中心に、欧州各国を巡回する日仏政府オーガナイズのジャポニズム2018関連事業「Festival AREThe」に参加。2019年には日本・ポーランド国交100周年記念展に参加し、ドイツ・ベルリンでは個展を開催した。同年、奈良 東大寺で個展の開催と、LIVE揮毫を行った。毎日書道展2年連続「毎日賞」など。
 

アクセス

会社情報

住所瀬戸市東古瀬戸町66番地
TEL0561-59-3172
URLhttps://yuukikobayashi.com
Emailyuukikobayashi@icloud.com

ページトップ

メールマガジン登録
×